Top
アートの島、直島を訪ねて ~大竹伸朗の作品~
 直島には、何点か大竹伸朗さんの作品が展示してあります。直島といえば「南瓜」のイメージが強いかもしれませんが、実は私はこの作品が一番気に入ったのです。


b0146751_2132934.jpg

大竹伸朗 「シップヤード・ワークス 船尾と穴」





b0146751_21115167.jpg

大竹伸朗 「シップヤード・ワークス 切断された船首」









 
 この作品は、ベネッセミュージアムのふもとの桟橋の近くにあります。





b0146751_2125866.jpg










b0146751_20582130.jpg









b0146751_21133560.jpg






 何が気に入ったのかはよく分かりません。






 また、直島町の本村地区では「家プロジェクト」というのがあります。ここでも、大竹伸朗の作品を見つけました。




b0146751_21152338.jpg

大竹伸朗 「はいしゃ」







 中は、子供心の溢れたような作品です。残念ながら中は撮影不可です。








b0146751_2116336.jpg

 なぜか、自由の女神があります。



 大竹伸朗さんの作品は、波長が合うのかもしれないな、と思いました。







b0146751_2117483.jpg

 カメラを構えているのは私ではありません。




















 










 大竹伸朗さんの名前を初めて知ったのは、今年1月の湯布院旅行の際、偶然立ち寄った湯布院空想の森「アルテジオ」にて開催されていた、「大竹伸朗 カスバの男ーモロッコ旅日記ー原画展」を鑑賞した時です。まったく興味ありませんでしたが、色鉛筆で描かれたモロッコの青い色に惹きこまれてしまいました。

 一緒に鑑賞した相方が、大竹伸朗の名を知っており、「直島にその人の作品があるよ」と言ったのです。直島??? どこかで聞いたことがあるような、、、というのが、そもそも直島に行きたいと思ったきっかけだった気がします。
[PR]
Top▲ | by ksk502 | 2008-08-27 21:21 | 旅写真
<< アートの島、直島を訪ねて ~ベ... | ページトップ | アートの島、直島を訪ねて ~海... >>
"pumpkin patch" Skin
by Animal Skin